ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーは比較一覧を作ってみると便利です

ウォーターサーバー、東日本大震災以降注目度がうなぎのぼりで一般家庭にも結構浸透してきた装置です。
安心安全な水の確保としては言うまでもなく、緊急時災害時の貯蓄用としても活躍を見込めるのが理由といえます。
私もその口で、保存用も兼ねて使い始めました。
いつでも安心安全な水を確保できるのは精神的にも楽かと思います。
私はそれまではペットボトルでミネラルウォーターを購入していたのですが、なにせ大震災の時の水確保が大変で大変で、これでは必要時に確保できないと思ってウォーターサーバーに行きついた感じです。
私が使っているのはコンパクトサーバーの天然水ガロンです。
使い勝手は結構良く満足しています。
難点は、サーバーがリニューアルして新機能満載になったことかもしれません。
日に日に使い勝手の良いサーバーに進化していっています。
まあ、これはそのうちレンタルサーバーの交換を検討するかもしれません。
とはいえ、最初に検討した時は色々種類があり過ぎて悩んだものです。
その時のコツとしては、比較項目を優先度順に並べていって一覧を作成することです。
が分かりやすく見やすいので、後から確認するのにも便利です。
私の優先度1位は水の種類、2位はウォーターサーバーの種類、3位は価格とこんな感じです。
水の種類に関しては、RO水と天然水の比較です。
天然水は美味しい水として従来から有名ですが、RO水に関しては調べ始めてから知った存在です。
水道水から不従物を除去した、浄水器の強化版ともいうべき装置を通した水の事のようです。
除去が高性能すぎてミネラル分がなくなってしまうため、基本の水はあまりおいしくありません。
オプションでミネラル添加タイプもある様ですが、結論としては人口水になります。
これは安心か美味しさかを比較してみて個人の感覚で選ぶものです。
一概にどちらがいいといえないのが悩みどころです。
サーバーの大きさについては、家の設置場所に合わせたサイズのサーバーにあわせて選んだといったところです。
サーバーレンタルしてみていざ置けないとなったら悲しいものですから、前もって検討しておくことは結構重要です。
そして後は価格検討です。
最近は水の種類も豊富ですから、どこまで妥協するかは自分の判断で決めるのが一番です。
こんな感じで私はサーバー使用中ですが、使い始めると手放せなくなりそうです。
皆さんもウォーターサーバーが気になったのなら一度使ってみてはいかがですか。

Copyright(C) 2010 ウォーター.com All Rights Reserved.