ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーなら放射能汚染の心配がありません

このところ、ニュースなどで毎日のように報じられている「放射能」に関する問題。
私自身も人ごとは思えず、漠然とした不安を抱えています。
特に、東日本大震災直後、水道水が汚染されたという報道を受けてからは、水道水を飲食に使うことがとても心配になってきました。
当時、ミルクを飲む赤ちゃんがいたので、とても不安が大きくなっていたのを覚えています。
そのため、ウォーターサーバーを導入しました。
放射能汚染にとどまらず、近いうちに起こりうる巨大自身によるライフラインの寸断も怖いと思います。
備蓄用の水を用意することで、少しでもその不安が取り除けるのではないかという理由サーバーを導入した経緯の一つです。
水道水も定期的に放射能汚染に関する報告を、自治体が出してくれるので、安心感は取り戻せるようになりましたが、ウォーターサーバーの水は手放せません。
冷水や温水がすぐ出るので、実質経費節約につながっています。
冷蔵庫の開け閉めやガスでお湯を沸かすことが少なくなったのはいいことですね。
それに、お水に対する安全性も守られているのが、良いと思います。
私が利用している宅配水会社では、1カ月に一度、水の検査を行っています。
放射能はもちろんのこと、大腸菌や細菌に汚染されていないかなども細やかに検査してくれているので、安心して飲むことができます。
webサイト上で検査結果を逐一チェックすることができるのも、安心材料の一つです。
私たちの飲料水となる前ろ過を重ねて、ミネラル分を添加しているお水なのですが、とても飲みやすいです。
ろ過の段階で、不純物をすべて取り去るという製法なので、赤ちゃんのミルク用のお水としても重宝しています。
日本人の好みに近いお水としてミネラル分を調整しているのも、ありがたいことですね。
宅配水を使い始めてから、ご飯がとてもおいしく感じられるようになりました。
マンションの高層階に住んでいるので、水道水が生ぬるく、おいしくないと感じていましたが、宅配水はすっきりとして飲みやすく、普段の飲み水として活用しています。
宅配水なので、業者さんが自宅の玄関先まで重いお水を運んでくれるのも便利です。
在庫が切れそうになったら、webや電話、FAXから注文できます。
午前中に注文すれば、翌日の夕方までは必ず届くので、イライラしながら待つ必要がないのもいいですね。
コストも手ごろなので、惜しげもなく使い続けられるのがいいところだと思います。
安心で安全なお水はこれからも使い続けていきたいですね。

Copyright(C) 2010 ウォーター.com All Rights Reserved.